MENU

乾燥肌の原因は?

 

 

【冷え】
気温が低くなり血流が悪くなって冷えてしまうと皮膚まで酸素や栄養が届きにくくなり、栄養不足気味に…。
そのため、ターンオーバーが乱れて乾燥しやすくなります。

 

 

【低湿度】
肌より水分量が少ない屋外では、肌の水分はどんどん奪われて蒸発します。
そして外気湿度が低くなればなるほど乾いてしまいます。
また冬場は汗をかきにくいので、天然のクリームが少なくなることも原因の1つです。

 

 

【エアコン】
エアコンの温度が上がると空気中の水分量は減り、室内でも外と同じように低湿度となってしまいます。
エアコンの風が直接肌に当たることで皮膚内の水分は蒸発しやすくなります。

 

 

ゆらぎ肌の原因は?

 

 

【気温差】
寒い外から温かい部屋に入ると、急激な温度変化で血液上昇し、かゆみや赤みなどの肌の違和感を感じることも。

 

 

【バリア機能の低下】
肌の乾燥状態が続くとターンオーバーが乱れ、肌の防御力が下がり、外的刺激を受けやすくなります。

 

 

【花粉やハウスダスト・PM2.5など】
冬は窓を閉め切っていることが多いので、花粉やハウスダストなどのアレルゲンが室内にたまりやすい環境です。そのため、肌は外部刺激にさらされやすくなるのです。

 

 

ゆらぎとは・・・

 

肌状態の変化をさします。
トラブルとしては乾燥・くすみ・吹き出物などで、
肌タイプに関係なく起こり、ホルモンバランスなどの影響が関係し、日々変化します。

 

 

乾燥肌の対策!

 

 

保湿効果のある基礎化粧品
今まで使っていた化粧品をストップし、保湿効果の高いものに切り替えてみましょう。
乾燥肌向けのタイプのものが沢山あるので、
お試しが出来るならそこから使ってみると自分の肌に合うかどうかわかるのでオススメです。
化粧水やローションをつけるときはコットンは使わず、優しくハンドプレスしましょう。
体温で浸透力もアップします。
乳液やクリームでフタをして、水分を蒸発させないようにしっかりケアしましょう。

 

 

体を温める
代謝をよくして、肌のターンオーバーを正常にする。
免疫力もアップし、刺激に負けない防御力を高める。

 

 

湿度を保つ
部屋の中では、加湿器を使って湿度を高める。
加湿器を清潔に保って使うことも大切です。

 

 

洗顔の仕方
洗顔しすぎると大事な油分が奪われたり、良い常在菌が減ってしまって良くないです。
洗うときは体温くらいのぬるま湯で、洗顔料は泡立ててあまり顔を触らないように優しく泡で包み込むように洗う。
クレンジング剤は、リキッドタイプはメイクを落とす力も強いです。
その為肌の油分も落ちやすいので、クリームタイプやミルクタイプのものがオススメです。
古い角質を取り除くスクラブも、化粧水や乳液が浸透しやすくなります。
ただし、しすぎると良くないので、週一回や部分的にするのが良いです。

 

 

腸活や食生活
腸活をして腸内環境を整えることにより、体の免疫力が高まります。
なるべく体を温める食材や発酵食品を積極的に摂りましょう。
また、肌にビタミンA・C・Eの栄養や、動物性タンパク質や植物性タンパク質の豆類、
便通をよくする食物繊維のきのこ類、たくさんの種類をバランスよく摂りましょう。

 

 

運動
体を温めて血流を良くするだけではなく、気分もリフレッシュ出来ます。
激しい運動よりも、ウオーキングなど気軽にできる運動がオススメです。
ちょっとしたコンビニやスーパーにも歩いて行ったり、
エレベーターは使わず階段を使ったり、ちょっとした意識でも違うはず。

 

 

ゆらぎ肌の対策!

 

 

低刺激の基礎化粧品
乾燥と同様、ゆらぎ肌に合った基礎化粧品の見直しと切り替えが良いです。
季節によって基礎化粧品を変える事も実は大切なのです。
油分が足りていない事でゆらいでしまう事も多いため、
クリームやオイル美容液を使ってみるのも改善には良いかもしれません。

 

 

免疫力を上げて体質改善
乾燥と同様、腸活や食生活を改善して免疫力をあげて体質改善しましょう。
食事で補えない栄養をサプリでプラスしてもよいですね。

 


マスクやメガネで外的刺激対策
乾燥や花粉などのアレルゲンから肌を守りましょう。
ゆらいでいる肌にはちょっとした刺激もダメージになります。

 

 

 

乾燥やゆらぎで一番大切なのは、やはり保湿ではないでしょうか。
保湿されていれば乾燥は防げるし、乾燥しなければゆらがない!そしてそれに負けない防御力も必要です。
外から中から保湿を心がけて、乾燥やゆらぎに負けない美肌を目指しましょう(^ ^)